Q17:マネックストレーダーが使えなくなりましたが、新マネックストレーダーで自動売買できますか

A:いいえ、2015.08.01現在、新マネックストレーダーでは、自動売買(プログラム・トレード)はできません。

マネックス証券のアナウンスによれば、2015年中に自動売買(プログラム・トレード)のシステムをリリース予定のようですが、現時点では、リリースの日時はアナウンスされておりません。

Q16:http://nikkei225online.com/?p=1483のレンタル可能な「売買シグナル表示プログラム」の直近までの損益は、日中のみの結果でしょうか、それとアラーム機能は付いていますか。

A:はい、日中のみの結果です。

マネックス証券のマネックストレーダーは、夜間のデータを取得できません。
ブログに掲載のプログラムは、日中のチャートで作動させるものとなっております。
次に、マネックストレーダーにはアラーム機能が装備されています。
日経225先物(ラージおよびミニ)の場合、シグナルがチャートに表示されると、ポップアップで知らせてもらえます。

Q15:http://nikkei225online.com/?p=1483:( http://nikkei225online.com/?p=1051 )
のレンタルプログラムNo.105は、何を指標にしてシグナルが点灯するプログラムかお教えください。

A15:プログラム(Prog.105)は、DPO (Detrended Price Oscillator)の位置と、
3種類の単純移動平均線の位置を比較して、DPOのクロス時点で、シグナルを出させています。
DPOについての説明は、マネーパートナーズのサイトで分かりやすく説明されておりますので、以下のURLにてご確認ください。
http://www.moneypartners.co.jp/support/tech/dpo.html

 

Q14:日経225先物ミニ・売買シグナ ル表示プログラムは、1分足以外でのチャート表示(例えば、5分・30分)は可能ですか?可能だとした場合にも、「正常に機能」するのでしょうか?

A14:はい、1分足以外のチャート表示は可能です。マネックストレーダーでは、1・2・3・5・10・15・20・30・60・90・120・180・240・300・360・400分のチャートを表示させる初期値が設定されています(初期値以外の、例えば80分などのチャートを表示させることも可能です)。ただし、日経225先物ミニ・売買シグナル表示プログラムは1分足チャートで調整しておりますので、1分足以外のチャートで、収益額を増せる可能性が高いプログラムとして「正常に機能」させるためには、表示させたいチャートで、パラメータを変更する必要があります。

 

Q13:日経225先物ミニ取引の裁量でのシグナルは、どのようなものがあるのでしょうか。

A13:日経225先物ミニ・売買シグナ ル表示プログラムは、売り、または、買いのエントリーのシグナルと、それらの建て玉を決済するシグナルを、チャートに表示させます。買いポジションがある 場合に、売りエントリーが発生する際は、買いを決済するシグナルを表示してから、売りエントリーのシグナルが表示されます。買い増し、または、売り増し (ピラミッディング)は、行わない設定にしています。

 

Q12:こちらの要望でのプログラム開発をしてもらう場合の価格はおいくらぐらいになるのでしょうか?

A12:ご要望に応じての新規作成をお受けいたしておりますが、どのような指標等をお使いになるかによって、また、チャート足の種類によって、作成の期間などが変動しますので、個別の打ち合わせにて作成費用を算出させていただいております。

これまでの納品済み事例では、周期の違うMACD・2種類に、MA(周期違い2種類)とEMAを組み合わせたプログラムは、最終的に期待したパフォーマンスが得られず(この時点で当初予算に達しました)、そこで、他のインジケーターを追加・交換などして(追加費用が発生)、ご依頼をクリアーするまでの期間が長期になり、プログラムのステップ数が増え、最終納品価格は、7桁に近くなりました。

nikkei225onlineには、開発済みのプログラムが、すでに100本以上ありますので、それらのプログラムからお選びいただくことで、作成費用の負担無しでプログラムをレンタルにてお試しいただくことが可能です。追加のご質問等がございましたら、コメントにてご連絡ください。

 

Q11:日経225ミニ先物シグナル表示・手動売買プログラムのレンタルは未定とありますが、販売はないのでしょうか?

A11:2015.03.01追記・プログラムのレンタルは、「投資運用業」・「投資助言・代理業」様のみとさせていただくことにいたしました。

現時点では、販売は想定いたしておりませんが、レンタルにつきましては、2014.07.27時点で、このブログに載せているプログラムを、レンタル可能にしました。

レンタルは、2ヶ月単位です。プログラムをzipファイルで送付し、送付日から翌々月の同日に5日間を追加した日まで使用が可能です。
例:送付日2014.08.01の場合、使用期限は、2014.10.06までとなります。

各プログラムのレンタル料金は、2ヶ月単位で、21,600円です(2014.10.17現在)。今後、収益額・勝率・PF等により、レンタル料金を変更する場合がございます。

225先物ミニシグナル表示・手動売買プログラムの各プログラムの詳細情報をご希望の場合には、ブログ記事からお選びいただき、コメントにてお問い合わせください。

 

Q10:自動売買プログラムを設定したマネックストレーダーのチャートには、「売り」「買い」「決済」のシグナルが「矢印」で表示されますとのことですが、何分足の表示でしょうか。また料金はいくらでしょうか。

A10:ここで紹介しているプログラムは、基本的には1分足チャートで開発を行い、パラメータ(自由に書き換えられる変数のことです)のチューニングも1分足チャートで行っております。しかし、分足を2分、3分、5分などの違うものを表示させてシグナルを発生させたい場合には、最適化の作業をすることで、さまざまな分足に対応させることが可能です。最適化の作業は、ご自身のマネックストレーダーのチャートで行えます。とても簡単に行うことができます。

紹介したプログラムは、今後、レンタルでの貸し出しを考えておりますが、現時点ではレンタル開始の時期は決まっておりません。近々アナウンスする予定でおりますので、しばらくお待ちください。以下にシグナルが表示されたチャートの一部を画像で掲載しますのでご確認ください(09:32 exitなどの文字は画像作成時に追加したものですのでチャートには表示されません)。チャートは、「東証ETF1570 NEXTF日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信」を使用しています。画像をクリックすると拡大表示されます。

1-20140521-MonexTrader-228

Q9:シグナル発生機能を利用して、他の証券会社経由の取引の例があるようですが、そんなことをして良いのでしょうか?

A9:はい、それはトレーディングするあなた自身の自由です。

あなた自身が、拘束証拠金額や、手数料を比較して、証券会社をインターネットで選ぶのは、ネット利用者だからできることなのです。

インターネットを使っていない知り合いの投資家が、証券会社から訪問を受け、「絶対大丈夫の投資です(おそらく)」と言われて対面売買で600万を、あっという間(6ヶ月)に失いました。

インターネットでの取引では、このツールなら私のトレーディング・ツールだと感じるツールを探し出せたら、それは「鬼に金棒ツール」のひとつかも知れません。

「マネックストレーダー」は、トレーディング・ツールの一つですし、楽天証券の「マーケットスピード」や、SBI証券の「ハイパーSBIブラス」も、トレーディング・ツールの一つです。できるだけ多くのトレーディング・ツールに実際に触れてみることをお薦めします。

さまざまな証券会社のトレーディング・ツールを使用してみて、レスポンスをあなた自身で評価してみてください。あなた自身の実際の運用にピッタリのトレーディング・ツールは、あなたの投資方針に沿うものが必要です。出来るだけトレンドの変化点で、エントリーやエグジットを確実に行いたいですね。

Q8:お薦めの証券会社はありますか?

A8:それぞれの証券会社のトレーディング・ツールを見て、ご自身にフィットするものがあれば、そのトレーディング・ツールが利用できる証券会社に口座を開設するのが良いと思います。ただし、預け入れなければならない証拠金額や取引ごとに掛かる手数料を検討することも必要ですね。

Q7:口座を開設する証券会社は1社だけで良いでしょうか?

A7:トレーディング・ツールの他に、預託証拠金の額や、注文・決済時の手数料などを比較し、複数社に口座を開設しておくのが良いと思います。私は5社に口座を開設しています。

 

Q6:マネックストレーダーは、有料・無料のどちらが良いでしょうか?

A6:有料と無料の2種類がありますが、EXCELとの連携が必要なければ、無料のマネックストレーダーで十分だと思います。

 

Q5:マネックストレーダーを利用する場合、必ずマネックス証券で売買をしなくてはならないのですか?

A5:いいえ、そんなことはありません。マネックストレーダーの注文・決済のシグナル発生機能を使いながら、他の証券会社で売買している人たちを知っています。

 

Q4:楽天証券のマーケットスピードは知っていますか?

A4:はい、マーケットスピードの複合チャートが便利なので、常時利用していて表示させています。私の場合は、ソフトバンクとファナックをメインに、他の銘柄を組み合わせて表示させていますので、中・長期トレンドの転換点を知るヒントとしてとても重宝しています。また、平均足(コマ足)を表示させることもできますので、トレンドの転換点が分かりやすく、とても便利なトレーディング・ツールだと思っています。

 

Q3:マネックストレーダーでは日経225先物(ラージ・ミニ)の自動売買はできますか?

A3:マネックストレーダーでは日経225先物(ラージ・ミニ)のチャートは表示可能ですが、自動売買はできません。今後、マネックストレーダーのシグナル送信を利用して自動売買が可能になるような仕組みの構築を行っておりますのでご期待ください。

 

Q2:マネックストレーダーで自動売買させる場合のシグナル発生プログラムは入手できますか?

A2:マネックストレーダーには75種類のシグナル発生プログラムが格納されています。それらのプログラムを単独で運用に利用することができます。また、複数のプログラムを合成して、新たなプログラムとして格納することができます。ご自身でプログラムを、作成・改造・合成できない場合にはご相談ください。

 

Q1:日経225先物miniの情報が多いようですが、その理由は何でしょうか?

A1:銘柄選びに悩むことが無く、板に5円刻みで売数量・買数量が並び、値が飛ぶことがほとんど無いからです。

人気ブログランキング
にほんブログ村 日経225ミニ先物

最終更新日:2015.03.01 2014.10.17